癌でも前向きになれるブログ(^^)

癌との向き合い方や、幸せになる為の考え方などを綴っていきます。

食事療法よりも【環状ポリ乳酸】を優先すべき理由

残暑見舞い申し上げます。

 

最近、あることがキッカケで【細胞】について調べていました。

 

特に「細胞の老化」については、色々なデータや情報を見ておりますが、調べているうちに色々なことがわかり、今までとは考え方まで変わることになりました。

 

今回はそのようなお話をします。

 

■ 細胞同士で均衡を保っている

体内には、60兆を超える数の【細胞】がいます。

 

それぞれに役割があり、それを果たしながら均衡を保っています。

 

しかし、この均衡が崩れてしまい、それが長期化すると「病気」となって現れます。

 

【がん】もその1つです。

 

■【正常細胞】は老化し、【がん細胞】の勢力が増す

なぜ、細胞同士の均衡は崩れてしまうのだろうか?

 

色々な理由がありますが、最もわかりやすく、多い傾向にあるのが「細胞の老化」です。

 

【がん細胞】は、誰の身体にも毎日・数千個もの数が生まれており、それを【正常細胞】が死滅させている話はご存知だと思います。

 

・【正常細胞】は老化し、数が年々減少

・【がん細胞】は老化しない

 

【正常細胞】の勢力が衰えていくのに比例して、【がん細胞】の勢力は大きくなっていきます。

 

1、細胞の老化

2、細胞の均衡崩壊

3、がん化のリスク増大

 

こんな順番で考えてもらえますと、わかりやすいと思います。

 

しかも「老化した細胞」は体内に蓄積され、悪い物質の分泌を促します。

 

「細胞の老化」は加齢によって起こる現象であり、避けることはできません…

 

■「食事療法(改善)」の限界

「がんの罹患者」は、「細胞の老化」によって【正常細胞】の勢力が弱くなっている可能性が高いです。

 

その為、「正常細胞の若返り」を目指さないとなりません。

 

「食事療法を実践して、加齢で老化した細胞を若返らせることはできるのか?」

 

→ さすがにそれは難しいように思います。

 

「食事療法(改善)」でできるのは、「酸化ストレス」を減少させることまでだと思います。

 

「酸化ストレス」は「細胞の老化」を早めてしまう原因です。

 

これを減少させることで「老化を遅らせること」は期待できます。

 

「抗酸化物質」が豊富な食べ物に、「がんに良い食べ物」と言われる物が多い理由がこれです。

 

つまり、「食事療法(改善)」によって「細胞の老化」を遅らせることはできるかもしれません。

 

しかし、「細胞の若返り」までは難しいように思います。

 

■【環状ポリ乳酸】について考える

別の「記事・動画」でもお伝えしましたが。

 

知り合いに【環状ポリ乳酸】を飲み続けて、難病指定されている「成人スチル病」を完治した方がいます。

 

「がん」でもない疾患に対して、どうして【環状ポリ乳酸】が良い結果をもたらしたのか?

 

ずっと疑問に思っていましたが。

【環状ポリ乳酸:2つの作用】のうちの1つについて、考える必要があります。

 

<環状ポリ乳酸:2つの作用>

・がん細胞を死滅に追い込む(嫌気的解凍系の無効化)

・正常細胞の賦活効果

 

「正常細胞の賦活効果」を見てみますが

順番に言うと、このように作用しています。

 

・「ミトコンドリア」への酸素供給がスムーズに

・「ミトコンドリア」が活性化

・身体中の「正常細胞」が活性化

 

ここで大切なポイントは

【環状ポリ乳酸】が作用しているのは「ミトコンドリア」ということです。

 

■「ミトコンドリア」が、細胞を若返らせる

正常細胞には「オートファジー」という能力があります。

 

「老人から赤ん坊にまで若返る力」です。

 

しかし、「オートファジー」も加齢と共に減少します。

 

※ 20歳前後がピーク、60歳前後には大幅に減少。

 

この「オートファジー」は、「ミトコンドリア」によって実現します。

 

つまり「オートファジー」が減少するのは、「ミトコンドリア」の力が年々減少しているからです。

 

反対に言えば、ミトコンドリア」を元気にすることができれば、「細胞の若返り化」への期待もできる、ということになります。

 

ここで振り返って欲しいのは、先ほどの【環状ポリ乳酸】の作用です。

 

<環状ポリ乳酸の作用>

・「ミトコンドリア」への酸素供給がスムーズに

・「ミトコンドリア」が活性化

・身体中の「正常細胞」が活性化

 

先ほども言いましたが

【環状ポリ乳酸】が作用しているのは「ミトコンドリア」です。

 

つまり、【環状ポリ乳酸】によって「細胞の若返り(オートファジー)」がされる可能性は、大いにあると考えられえるのです。

 

■ 成人スチル病の実績

【環状ポリ乳酸】に「ミトコンドリア」を元気にする作用があるとしても。

 

「細胞の若返りまでは、できないのでは?」と思うかもしれません。

 

ここで思い出して欲しいのが、私の知人で【成人スチル病】を完治してしまった方です。

 

この方は、発症当時「80代後半」だったので、「細胞の老化」はかなり進んでいる筈です。【成人スチル病】は「細胞の老化」と関係の深い疾患なので、その可能性が高いと言えます。

 

改善するためには、「細胞の若返り」などが実現しないと難しいように思います。

 

ところが、【環状ポリ乳酸】を飲み続けて、20ヶ月後には「完治」と言って良いレベルにまで改善したことを考えますと。

 

【環状ポリ乳酸】に「オートファジー」を促す効果をあったとしても、おかしくありません。

 

■ 環状ポリ乳酸:本当の意味とは

【環状ポリ乳酸】は微量ながら体内で生産されている物質です。

 

では、「何のために生産されている物質なのか?」という問いにぶつかりますが。

 

・「がん細胞の中」から発見された

・「がん細胞を死滅に追い込む性質」を持つ

 

このようなことから、「異常細胞(がん細胞)の増殖を、抑えるために作られた物質」と考えていました。

 

しかし、「正常細胞の賦活効果・ミトコンドリアへの作用」も踏まえると、「細胞同士の均衡を、調整する為に作られた物質」と、考える方が適切のように思います。

 

そして、「がん細胞を死滅に追い込む性質」は、「細胞同士の均衡を調整する役割」の中の、ほんの1つの役割に過ぎないのでは?

 

このように思うようになりました。

 

■「環状ポリ乳酸」と「食事療法(改善)」

「環状ポリ乳酸」と「食事療法(改善)」は、併用した方が良いと思います。

 

しかし、「どちらを優先すべきか?」となると【環状ポリ乳酸】です。

 

・食事療法(改善)

「細胞の老化」の遅延は期待できるが、「若返らせること」は難しい。

(改善ではなく、現状維持)

 

・環状ポリ乳酸

「細胞の若返り」を期待できる。

(改善への期待)

 

しかし、「がんの対策」に正解はありません。

正解がないからこそ、自分で納得した方法を選ばなければなりません。

 

今回の話は、「調べた情報」を元に私なりに考えた内容です。

 

これも絶対ではありませんので、ご参照程度に思って頂けると、良いのかなと思います。

 

【免疫力】ってなに?

「免疫力とは何なのだろうか?」

 

どうして私がこれを気になったのかと言うと、このことが気になったからです。

 

「免疫力が上がった状態とは、身体がどういう状態になっていることを指すのだろう?」

 

「身体をどういう状態に持っていけば良いのか」がわからなければ、免疫力を上げることなんて出来ないのでは?と考えたからなのですが。

 

早速、調べてわかったのが「医学の世界に、免疫力という定義がない」ということでした。

 

「免疫力が上がっている状態」は、「体内で起こっている具体的な事象」を指しているわけはないのだそうです。

 

言い換えると「目指すべき状態」がわからないようなものであり。

 

「免疫力を上げるための行為」とは何だか「ゴールのわからないマラソンみたいだな」と思ってしまいました・・・

 

しかし、そんなことを言っても始まりませんので、私は「免疫力を上げること」について、このように解釈しました。

 

<免疫力が上がった、2つの状態>

・「細胞の老化」が遅く、若々しい状態であること

・「腸内環境」を良い状態であること

 

なぜ、この2つの状態が「免疫力が上がっている状態」なのか?

 

答えはシンプルで、身体を外敵から守ったり、正常な状態を保つ為に働いているのは「細胞・腸内細菌」の2つだからです。

 

「細胞・腸内細菌にとって、良い環境にして上げること」=「免疫力を上げること」

 

こう考えることが、一番シンプルだと思いました。

 

「では、どうすることが良いのか?」について言うと、こうなるようです。

 

・「細胞の老化」を遅らせる方法

シンプルに「規則正しい生活」を送るしかないようです。

 

・バランスの良い食事

・規則正しい生活

・適度な運動

・しっかり睡眠をとる

・ストレスを抱え込まない

 

ありきたりですが、このように努めることが一番のようです。

 

・「腸内環境」を良い状態にする

これもよく聞く方法ですが、「発酵食品」を適度に食べることです。

 

代表的な食品が「お味噌」と「ヨーグルト」です。

 

しかし、どちらの食品も量には気をつけなければいけないようです。

 

「お味噌」は塩分過多に

「ヨーグルト」は消化不良に、注意が必要です。

 

それから、よく「生きた菌を、腸に届けなければ意味がない」と言われることがありますが、これは正しくないようです。

 

「死んだ菌」であっても、腸内にいる善玉菌のエサになり、それらの活性化に繋がるようなので、意味は大有りなのだそうです。

 

<今回の結論>

・規則正しい生活を送る

・発酵食品を、少しだけ意識的に食べる

 

重要なのは方法ではなく、どんな方法でも「身体の変化」を感じ取りながら、さじ加減を自分自身で調整することだと思います。

 

身体の声に耳を傾けながら、実践されてみてください。

 

【細胞分裂・がん・環状ポリ乳酸 】

今回は「細胞分裂・がん・環状ポリ乳酸」についてお話します。

 

まずは【細胞分裂】についてからです。

私たちの身体には「60兆個」とも言われる細胞が存在します。

 

この「膨大な数の細胞」には、それぞれに役割があり、それらが「協力・調整」し合いながら、私たちの身体は正常に機能しています。

 

なお、【細胞】は耐えず分裂を繰り返しておりますが、これも「全細胞の調和」を保つためには必要な活動です。

 

しかし、「1つの細胞」が分裂できる回数には限界があり、「50回前後」と言われています。

 

「分裂できなくなった細胞」のことを【老化細胞】と呼びます。

 

【老化細胞】は、そのまま身体に残る物が多く、加齢と共に蓄積されていきます。

 

「細胞の老化」によって引き起こされる異常は多く、【がん】もその1つです。

 

「細胞の老化」によって、体内ではこのような変化が起こります。

 

・【ミトコンドリア】の老化

・  体内を守るために「有効な物質」の生産量が減少

・【がん細胞】などの攻撃を受けやすくなる

 

「健康の維持」においても「がんとの闘病」においても、「細胞の老化」をできるだけ防ぐことが、とても大切なことになります。

 

「細胞の老化」を進行させる要因とされるものがこちらです。

 

・酸化ストレス(肉体的・精神的)

・紫外線や放射線

・がん遺伝子の異常活性化

 

このような理由などから、「日常生活」の改善が必要とされるのです。

 

細胞分裂」の回数には、【染色体】の一部である「テロメア」という部分に関連があるとされています。

 

「細胞が分裂」すると、「テロメア」の長さが短くなるのです。

 

つまり、「テロメア」の長さが足りなくなると【細胞】は分裂できなくなります。

 

ところが、【がん細胞】の「テロメア」は、分裂しても短くなりません。

 

【がん細胞】の【染色体】には、「テロメラーゼ」という酵素の亢進が確認されており、これが「テロメア」の長さを引き伸ばします。

 

・【正常細胞】は、分裂の回数に限度がある

・【がん細胞】は、分裂が無制限

 

このような恐ろしいルールが、私たちの身体に存在します。

体内に蓄積される【老化細胞】にも、悪い影響があります。

・ほとんどの臓器の「老化」を進行させる

・「サイトカイン」などの物質を分泌する

 

近年、高齢の方に「リウマチ性疾患」の人が増えているのは、これが原因だと考えられています。

 

ここで思い出して頂きたいのが、【環状ポリ乳酸 】と「リウマチ」についてです。

 

別の「動画・記事」でもお話しましたが、私の知人に、難病に指定された【リウマチ性疾患(自己免疫疾患)】から、劇的な改善を遂げた人がいます。

 

【リウマチ性疾患(自己免疫疾患)】とは、「細胞の調和」の異常から起因する疾患です。

 

これが【環状ポリ乳酸】によって改善されたとすると、このように考えることができます。

 

<考える材料>

・【環状ポリ乳酸】は、体内で生産される物質

・【死滅したがん細胞】の中から発見されている

・【環状ポリ乳酸】によって、【リウマチ性疾患(自己免疫疾患)】が改善されている

 

⬇︎⬇︎⬇︎

 

<上記から考えられること>

・【環状ポリ乳酸】は、「細胞の調和」を保つために生産されている

・【がん細胞】の増殖を抑える働きは、その一環である

 

これは「東海大学による研究」をまとめた本です。

 

・【がん】は、細胞異常によるものである

・【環状ポリ乳酸】には、【がん細胞】の暴走にブレーキをかける働きがある

上記の旨が書かれています。

 

また、【環状ポリ乳酸】には、「正常細胞・賦活作用」も確認されています。

 

ミトコンドリア】への「酸素供給」を効率化することで、【ミトコンドリア】が活性化されることで起こるものです。

 

先ほど「細胞の老化」=「ミトコンドリアの老化」という旨をお話しましたが。

 

逆説的に言えば、「ミトコンドリアの活性化」=「細胞の若返り」ということになります。

 

このように、【環状ポリ乳酸】の「体内で生産されている意味」を考えていくと、この2つの作用が認められていることにも、説明がつくように思います。

 

もし、「身体中の細胞の調和」を、正常にコントロールする役割があるのであれば。

 

【環状ポリ乳酸】は、私が想像していた以上にスゴイ物であったと思います。

 

・「環状ポリ乳酸」 購入できるサイト

環状ポリ乳酸 【購入ページ】 (stores.jp)

 

【環状ポリ乳酸・他の健康食品】〜違いをわかりやすく説明〜

【環状ポリ乳酸】と【他の健康食品】の違いを

わかりやすく説明します。

 

「がんの対策」の1つとして

【健康食品】を用いる人は増えています。

 

【環状ポリ乳酸】も「健康食品」に分類される物ですが、他の物とは「性質」が大きく異なります。

 

【健康食品】は「栄養を補助する為の物」です。

 

普段の食事から不足してしまいがちな「栄養素」を補うことで、「身体の持つ力」を強化することが大切です。

 

しかし、【健康食品】は「病気を治すための物」ではなく、あくまで「栄養バランス」を整えるための物です。

 

これを考慮して摂取しないと大変なことになりますので、ご注意ください。

 

【一般的な健康食品】を摂って

身体にとって良い方向に作用した時の「流れ」をお話します。

 

・「栄養バランス」を適切に整える

・「細胞」が活性化する

・「細胞」によって「身体に有効な物質」が生産される

・「生産された物質」によって「がん細胞」の増殖が抑えられる

 

このようなイメージになりますが

「この流れ」のどれが欠けてもなりません。

 

最初の「栄養バランス」のところで躓いてしまうと、後の流れに繋がっていかない為、常に「良いバランス」であること確認しながら(様子を見ながら)、摂取していくことも大切です。

 

なお、殆どの【代替療法】は、このような「流れ」になります。

 

こちらが【環状ポリ乳酸】の「流れ」です。

 

・「細胞」によって生産される「身体に有効な物質」そのもの

・「がん細胞」の増殖を、直接的に抑える

 

つまり、【他の健康食品】の流れを

ショートカット出来てしまっているのです。

 

このことを「伝言ゲーム」で例えると、わかりやすいと思います。

 

【一般的な健康食品】は、こちらです。

 

「多くの人」が間に入ってメッセージが伝っていきますので、「最後の人」に届くまでには「元のメッセージ」が薄まってしまいます。

 

【環状ポリ乳酸】のイメージがこちらです。

 

間に人が介入することなく、直接「最後の人」にメッセージを届けることができるようなイメージです。

 

これなら、メッセージがしっかり伝わります。

 

「メッセージ」=「効果性の高さ」

 

上記のように考えると

【環状ポリ乳酸】>【他の健康食品】と言えます。

(がんに関して言えば)

 

しかし、【環状ポリ乳酸】と【他の健康食品(他の代替療法)】は、併用した方が強いと考えています。

 

併用した時のイメージが、上記のようになります。

 

・【環状ポリ乳酸】で「直接的な作用」を

・【他の健康食品(他の代替療法)】で「身体からの力」をサポート

 

こんな風に「ダブルパンチ」することができれば、がんに打ち勝つ可能性も高くなるように思います。

 

・「環状ポリ乳酸」 購入できるサイト

環状ポリ乳酸 【購入ページ】 (stores.jp)

 

【リウマチ と 環状ポリ乳酸】〜そのリウマチ、良くなるかも?〜

今回は【がん】以外の疾患について書きます。

【リウマチ】についてです。

 

以前からお話している【環状ポリ乳酸】で、【リウマチ】を改善することができるかもしれないと思ったので、これについて書いてみます。

 

まず、【リウマチ】を簡単に説明します。

 

身体中の「免疫細胞」に異常が起こり

本来は身を守るための細胞が、反対に身体を攻撃してしまいます。

 

よく起こる症状としては【関節炎症】です。

 

さらに【サイトカイン】という物質が過剰に分泌されるようになり、【関節炎症】を悪化させてしまいます。

 

主な症状がこちらです。

 

・関節に強張りを感じる

・関節に痛みや腫れが生じる

・無熱、倦怠感、食欲不振などが生じる

 

症状の度合いには個人差があるようですが、酷い方の場合は、本当に大変なものだと聞きます。

 

このような細胞異常による疾患を、【自己免疫不全】と言います。

 

【自己免疫不全】は「完治」がとても難しいものが多いです。

 

【リウマチ】も、今でこそ治る方もいらっしゃるそうですが、かつては「不治の病」と言われ、現代でも「完治」は難しいとされています。

 

以前もお話していますが

私の知人に【成人スティル病】に罹ってしまった方がいます。

 

【成人スティル病】とは、「リウマチ性疾患」の1つです。

 

上記は【成人スティル病】の特徴ですが

一般的に「リウマチ」と言われるものと、ほぼ同じ特徴を持ちます。

(「リウマチ因子」も陽性の疾患)

 

「難病」に指定されており

「原因」すらわかっていません。

 

「完治」どころか

「治療方法」すら存在しません。

 

ところがこの知人は

【環状ポリ乳酸】を飲み続けたことで、劇的な改善を遂げてしまいました!

 

「ことの発端〜病気の改善」までを、簡単に説明していきます。

 

始まりは「身体に痛み」を感じ始めたことでした。

 

痛みの出方には個人差があるようですが

この方の場合、かなり酷い痛みだったようです・・・

 

その後、医師によって【成人スティル病】だと告げられます。

 

同時に「指定難病のため、治療方法が存在しない旨」も伝えられます。

 

【成人スティル病】は、他の「リウマチ性疾患」同様に、「免疫細胞」が身体を攻撃してしまう疾患です。

 

ステロイド】を投与して、「免疫細胞」自体と弱くするしか痛みを緩和する方法がありません。

 

ステロイド】は身体に有毒な薬品です。

 

ただただ「身体自体を弱らせる」ことが目的となり、その後は「経過観察」して、「自然に治ること」を祈るしか方法がありません。

 

ステロイド】は身体に有毒な薬品なので、様々な「副作用」があります。

 

この知人の場合は、ご高齢だった事もあり、「痴呆症」が急速に進んでしまいました。

 

日に日に「痴呆症」が進行し、「関節」は曲がったままどんどん悪くなっていく・・・

 

ご家族は、見ているだけでも辛かったと言います・・・

 

そんなおり、ご家族の方が【環状ポリ乳酸】を知ります。

 

「どうせ他に方法がないのだし、少しでも可能性があるならやってみるしかない!」

 

まさに、藁にもすがる想いで、お母さま(当事者)にこれを飲ませ始めます。

 

この方が飲んだ【量・タイミング】がこちらです。

 

・1日:30g(朝:5g 昼:5g 夜:20g)

・毎食時に「他の食べ物」と一緒に摂取

 

身体が「細胞分裂」を、最も活発に行うのが「睡眠中」です。

 

「寝る前」に多く摂ったのはこの理由からです。

 

また、「他の食べ物」と一緒に摂ることで、「吸収率」も上がると言います。

明確な変化が現れたのは、摂取してから【半年後】のことです。

 

【成人スティル病】は、罹患してしまうと「過剰に分泌される物質」が複数ありますが。

 

これらの数値が「最大時」と比較して、【半年後】には「3〜4割程度」まで減少していました(マイナス6〜7割)。

 

 

「体感」にも変化が現れ始めます。

 

「痛み」が大きく改善され、「関節の動き」もスムーズになりました。

 

摂取前は「肘」が曲がったまま伸ばせない状態でしたが、それもうまく「屈伸」できるようになったのです。

 

「検査結果」や「痛み」などの改善に伴い

ステロイド】の量を、徐々に減らしていきました。

 

もちろん、主治医と相談のもとで、そのように対処していったのです。

 

【環状ポリ乳酸】を摂取し始めてから2年が経つ頃。

 

「検査の数値」は、すべて「正常値」にまで下がっていたと言います。

 

最後は、主治医と相談のもとで

ステロイド】の投与を止めても大丈夫なところまで改善されました。

 

指定難病である【成人スティル病】を

【環状ポリ乳酸】を摂取することで、劇的な改善を遂げました。

 

この本は、東海大学・薬学部による【環状ポリ乳酸】の研究結果が纏められた本です。

 

細胞分裂について書かれた章」があります。

 

【環状ポリ乳酸】の研究は「がん」に対するものがメインです。

 

「がん」も「細胞分裂」の異常から起因する疾患のため、ここに書かれている内容は「がん」に対してのものになっておりますが。

 

書かれている内容の大枠では、「細胞を正常な状態にまで調整してくれる」という効果があるようです。

 

 

もし【環状ポリ乳酸】が、身体中の細胞を正常な状態に調整してくれているのだとすると。

 

今回の【成人スティル病(リウマチ性疾患)】のケースも頷けるように思います。

 

最初にも言ったように【リウマチ性疾患】は、現在もなお「完治」が困難で、多くの人が困っている疾患です。

 

そのような方がおりましたら

まず「半年間」だけでも【環状ポリ乳酸】を試してみて、本当に改善されるのかを確認してみても、良いように思います。

 

・「環状ポリ乳酸」 購入できるサイト

環状ポリ乳酸 【購入ページ】 (stores.jp)

【人間関係】について(ストレス対策を含む話)

今回は「ブログ限定」で

【人間関係】について書いてみたいと思います。

 

スピリチュアルの世界などでは

「自分が無理をしなくちゃいけない相手とは、距離を置いた方が良い」などと言われています。

 

がんと闘うにあたって【ストレス】は遠ざけたいものですが。

 

【ストレス】というのは【人間関係】から起因することが多いため、「がんの対策」としても、同じような意見がここ数年で広まったように感じます。

 

私も最初は「その方が良い」と思っていました。

 

しかし、ここ最近になり

「本当にそれで良いの?」とも思うようにもなりました。

 

少し余談ですが、ちょっと前から犬を飼っています。

 

自分でお金を出して、自分で育てるつもりで飼ったのは、これが初めてです。

 

しかし、我が家に来たばかり頃は、ちょうど母の入院と重なってしまったこともあって、最初はすごく大変だったことを覚えています。

 

それこそ、毎日がしんどかったですw

 

今ではお互いに慣れてきて、愛着も日に日に増しているように思えますが。

 

何が言いたいかと言うと

「家族になるには、時間がかかった」ということです。

 

【人間関係】にも同じことが言えて

親密になるのも、時間がかかります。

 

「はじめまして」の人同士が「気を使う関係」から始まるのは当たり前で、「気を使わなくて済む関係」になるまでには時間がかかると思います。

 

また、若い頃であれば、またすぐに「新しい出会い」があるかもしれませんが、歳を重ねていくと、それがどんどん難しくなっていくのを感じます。

 

「居心地が悪い関係だからと言って、そんなに簡単に距離置くのも良くないのでは?」

 

そういう風にも思うのです。

 

ある程度「真面目そうだと思える人」と知り合う機会を持てたら、少し居心地が悪い時間を過ごすかもしれないけど、「お互いになれるまで時間」として、我慢してみることも大切なのかなとも思ったりします。

 

とは言え、本当に【辛い人間関係】があるのも事実ですので、なるべく距離を置いた方が良い人もいるとは思います(笑)

 

やっぱり、何事も「バランス」が大切ですね♪

 

「環状ポリ乳酸」と「他のサプリ」〜併用について考える〜

今回は【環状ポリ乳酸】と【他のサプリ】との併用について書いていきます。

 

【環状ポリ乳酸】と【他のサプリ】は、同じ健康食品ではあるもの、性質は全く違う物になります。

 

異なる性質を知ることは、「併用することで発揮されるパワー」について知ることに繋がります。

 

これは【環状ポリ乳酸:2大作用】です。

 

・がん細胞死滅作用

・正常細胞の活性化作用

 

今回は【免疫力アップ(正常細胞の活性化作用)】に限定してのお話します。

 

※ 【がん細胞死滅作用】については触れません

【環状ポリ乳酸】と【他のサプリ】には、共に「免疫力アップ」を期待できる効果があります。

 

しかし、同じ「免疫力アップ」ではあるものの、性質が異なる方法です。

 

【環状ポリ乳酸】による、「免疫力アップ」のメカニズムがこちらです。

 

ミトコンドリアに、多くの酸素が運ばれる

・身体中の細胞が活性化する

・免疫力がアップする

 

【他のサプリ】による、「免疫力アップ」のメカニズムがこちらです。

 

・栄養バランスを、適切に整える(食事と関連する)

・身体が持つ「自然治癒力」を高める

・免疫力がアップする

 

「身体の力」は、生活習慣を改善することで向上するものですが。

 

【一般的な健康食品(サプリ)】は、「生活習慣・改善」に属するものと言えます。

 

➡︎ 【環状ポリ乳酸】は、「生活習慣・改善」とは性質が違います。

 

この違いについて、【車のエンジン】に例えてお話します。

エンジンには、様々な「大きさ(排気量)」がありますが。

この例え話の中では「排気量=自然治癒力の強さ」とします。

 

【一般的な健康食品(サプリ)】は

「エンジン(排気量)」を大きくする方法だと言えます。

 

「排気量=自然治癒力の強さ」なので

【身体の根本的な力】を向上させる方法です(体質改善)。

 

「体質改善」というのは、改善すべきものが人によって違います。

 

【サプリ】の場合、「摂取すべき種類・量」が人によって違います。

 

それに「体質改善」には時間がかかるものです。

 

「自分に合ったものを長期的に続ける」

という考えで行わなければなりません。

 

【環状ポリ乳酸】は

「エンジン」に「過給器」を付けて

【ターボエンジン化】するような方法です。

 

【身体の根本的な力】を向上しない訳ではありませんが、そのような目的では【他のサプリ】の方が適していると思います。

 

しかし、「過給器」というパーツは、どんな大きさの【エンジン】に対しても、パワーアップさせてくれます。

 

「過給器」は、取り付けてからすぐにパワーアップさせるものです。

 

【環状ポリ乳酸】による免疫力アップは

「人を選ばず、効果も早い」ということです。

 

※ ちなみに【環状ポリ乳酸】には「細胞を調整する働き」もありますが、その話はまたの機会にでも

 

これらのことを纏めて振り返ります。

 

このような「特徴の違い」があります。

これを踏まえて「併用することの意義」についてお話します。

 

再び【車のエンジン】の例え話をしますが。

最も強いパワーを出す【エンジン】とは、「排気量が大きいターボエンジン」です。

 

このことは、身体についても同じことだと考えることができます。

 

つまり、【環状ポリ乳酸・他のサプリ】の併用により

「大きい排気量:ターボエンジン」を手に入れることができます。

 

それに、【他のサプリ】は長期的に見なければ「免疫力アップ」を期待することができませんが。

 

それまでの間を【環状ポリ乳酸】で補完する、という考え方もできます。

 

このように、【環状ポリ乳酸・他のサプリ】と併用することは、様々なメリットがあります。

 

【環状ポリ乳酸】には「がん細胞 死滅作用」もあり

【すべての代替療法】との相性が良いです。

 

【他のサプリ(健康食品)】だけでなく

【今実践されている方法】との併用を考えてみても、良いと思います。

 

■ 環状ポリ乳酸:購入することができるサイト

環状ポリ乳酸 【購入ページ】 (stores.jp)